Home » デザイナーズノート » 雑記ノート » カルドセプト メモリアルワークス
目次

カルドセプト メモリアルワークス

Tags: note culd
by jin on 2013-03-15

2013年3月15日、メモリアルブック「カルドセプト メモリアルワークス」が発売されました!

攻略本ではなく、カルドセプト15年の歴史を総括する「ファンブック」です。

携わった作品がファンブックという形になるのは、開発者としてとても嬉しいです。

出版は、これまでにも色々ご縁のある、ホビージャパンさん。
(以前、ボードゲーム「タリスマン」をいただきましたが、その他にも、趣味としてHJさんのボードゲームを遊ぶ機会は多いのです)

この本では、初代セガサターン版から最新のニンテンドー3DS版に至るまでの、世界観、キャラクター、カード、マップなどが紹介されています。

凄いのは、全てのカードについて、各シリーズの「イラスト違い」まで収録されていること。
例えば、「グレムリン」のカードは、初代、セカンド(3DS版も含む)、サーガでイラストが違いますが、その全てが収録されています。

まさに、カルドセプトの全てを網羅した本と言って良いでしょう。

データ集としてだけではなく、クリエイターインタビューも面白いです。

セカンドやサーガの音楽を手掛けてくださった伊藤賢治さんや、カルドセプトの小説「ストーム・ブリング・ワールド」とサーガのシナリオを担当してくださった冲方丁さんのロングインタビューも掲載されています! これは貴重!

大宮ソフト開発陣のクロストークページもあります。
カルドセプト開発にまつわる、色々な裏話も語られていますよ!

私も恥ずかしながら、コーナーを作っていただいてます。
このデザイナーズノートのような体裁になっています。ちょっと昔のインタビューでの話も交えているので、今見ると恥ずかしい部分もありますけど…でも、確かにこんなこと言ってました(笑)。

参加アーティストの方々からいただいた、絵入りメッセージを紹介するコーナーも見どころです。
この本のために描き下ろされた新作イラストもありますよ!
本の表紙も、加藤直之さんに描いていただいた新作イラストです。

内容の濃いディープな本ですので、カルドセプトファンの方々にはもちろん、ファンタジー好きの方にも興味をもっていただける一冊だと思います。

興味のある方は、ぜひ、お手に取ってみてください!

ホビージャパンHP 「カルドセプト メモリアルワークス」のページ

(2013.3.15 神宮)

目次