omiyasoft

大宮にあるから大宮ソフト

レビューを斬る 「カルドセプトDS」

time 2008/10/28

2008.10.28

DS版発売後に、ファミ通DS+Wiiさんでレビューが掲載されたので、追記しました。

カルドセプトDSレビュー結果
誌名 評点 備考
ファミ通DS+Wii 8/8/7/8 (各10点満点)

ファミ通DS+Wii 2008 12号 [ 8 8 7 8 ]

いい感じの点数です!ありがとうございます!
ただ、週刊ファミ通さんより、ちょっと低いですね…。ファミ通DS+Wiiさんはやや低年齢層向けに見える本ですので、その読者層への考慮が入っているのかも…(勝手な推理)。
もっとも、今月号のラインナップ中で比較しても良い点をもらえていますし、大満足です。

やはり、基本的には良いことばかりのコメントです。

「もともと完成度の高いゲームのリメイク作なので、中毒性は高い」など、オリジナル(ってPS版かな?)を高く評価してくださっている方が多いですね。その上で、「多数の改良が加わり、洗練された」「Wi-Fiで遊べるのはうれしい」「非常によく練られた操作性で遊びやすい作り」などDS版の改良点も評価してもらえています。

少しだけ、マイナス意見もありました。

まず「覚えることが多く、敷居はやや高めかと」というもの。
まあ確かに、そんな部分もあるかもしれませんね。特に低年齢層に関しては、難しい部分もあるかも。
でも、トレーディングカードゲームもメジャーになっていますし、それが理解可能なお子様なら、多分問題ないと思いますけど。

また、「タッチ操作が(中略)デッキ編集や土地の指定などに対応していないのは残念」というものも。
この点は、開発中にも様々議論はありました。実際、もう少しタッチに対応していた時期もあったのです。しかし、今回はタッチを極力排除する方向でまとめることになりました。少なくとも、ゲーム中一部だけタッチペンを使わなければいけないというような操作は避けたいと思ったのです。
その意味では、ブック編集はゲームと切り離されているので、考慮の余地はあるかもしれません。今後検討してみたいと思います。


2008.10.15

いよいよ10/16日、カルドセプトDS発売です。

毎回、この時期ってドキドキします。発売して多くの人の手に渡るとなると、その反応は気になるものです。
現時点では、結構自信あるんですけどね。それでも、実際のところは、渡ってみないとわかりません。
今回はネット対戦(Wi-Fi対戦)もありますしね。(「ネットには魔物が棲む」とも言いますから…言わないか?)

もう一つ、この時期といえば「レビュー」ですね。
ということで、今回も「レビューを斬る」やってみようと思います。

ちょっと情報収集を怠っていたこともあり(レビュー関連って、性質上、開発側チェックが無いことも多いのです)、今回は2件だけですけど、もし今後発見したら、随時追加していきます。

カルドセプトDSレビュー結果
誌名 評点 備考
週刊ファミ通  9/7/8/9 各10点満点
ゴールド殿堂!
電撃DS&Wii 90/85/80 (各100点満点)

週刊ファミ通 2008 10/17号 [ 9 7 8 9 ](ゴールド殿堂!)

ゴールド殿堂です! ありがとうございます!
以前、殿堂入りもマヒしてしまった…なんて書いたりもしましたが、前回のアーモダインでは1点足りずに殿堂入りを逃しただけに、
今回はうれしさもひとしおって感じです!

しかし! ひとつ気にかかることも。
今回、点数的にはPS版より低いんですよね…。う~ん、ちょっと納得いきませんなぁ(偉そう)。

さすがに1st移植も2回目だし、という部分もあるもしれません。
個人的には「名作懐ゲー」移植とか、何度行われても歓迎することは多いんですが。DS版の「FF1]「FF4」とか、狂喜しながら遊びましたし(両方とも心のゲームなんで)。良いものは、いつまで経っても良いですよね。
それに加えて今回は、PS版には無かった要素(特にWi-Fi)も加わっていますので、それも加味してもらっても良かったかなと…。

…いや、贅沢ですよね。なんせ、ゴールド殿堂なんですから!
本当は凄くうれしいのです。照れ隠しです。

レビュアーの方々の個々のコメントですが、基本、皆さんほめてくださっています。あからさまにネガティブな記述は見当たらないです。
「操作性、テンポともに良好」「携帯機に合わせたアレンジで、とても遊びやすくなっています」というコメントあたりは、まさに
今回重要視した部分ですので、高評価してもらえてうれしいです。

また「とくにWi-Fi対戦は、驚くほどサクサクでした」「ともだちコードを使った現時点での対戦では、Wi-Fiプレイも快適」とのコメントもありました。
Wi-Fi「ともだち対戦」は試していただけたようですね。Wi-Fi関連は、発売前に皆さんに体験していただく機会があまりありませんでしたが、今回のコメントは少し参考にしていただけるかなと思います。

電撃DS&Wii vol.4 [ 90 85 80 ]

こちらも、良い点数いただいています。ありがとうございます!
こちらのコーナー「Pick Up レビュー」ということで、ここ一ヶ月の発売ソフトから厳選されたものだけが掲載されているものだと(勝手に)思ってます。そこに加えていただいただけでも、ありがたいことですね。

電撃さんでは、レビュアーの方のゲーム熟練度を3段階に分けてレビューされているようです。カルドの場合、一番高得点なのが「ハードゲーマー」の方、一番低いのは「ライトユーザー」の方でした。う~ん、当を得ているような…(苦笑)。
でも、一番ライトな方でも80という高評価をくださってますので、初心者の方もご安心を。

レビュー内容も、みなさんいいことばかり書いてくださってます。
「さらに変わったデッキやプレイスタイルで特定条件を満たせば、収集要素のあるアイテムが入手できるようになり、新鮮なおもしろさがあった。」これはメダルシステムのことですね。メダルは2ndのPS2版でも存在した要素ですが、今回は少しだけ内容が変わってます。

「戦略的に攻略できる部分と運の要素が絡み合って、中毒性の高いゲームになってます。」「カードイラストも美しいので、カードコレクションしていくのも楽しいですよ」とのコメントも。いや~、模範的な感想どうもありがとうございます。結局、まとめればそういうことなんですよね。開発側としても、ここは一番推したい部分です。


そんな感じで今回のレビュー、並べて高い評価をいただけたことに大感謝です!
あとは、発売後の皆さんの感想がどうなるかですね。それが一番重要なところですから…。

大宮ソフト

大宮ソフト

様々なパブリッシャーを渡り歩く、流浪のソフトハウス。

mail webmastar@omiyasoft.com

アーカイブ