Home » デザイナーズノート » カルドセプト (3DS) » 「マーケット」でトレード
| 目次 |

「マーケット」でトレード

Tags: note culd.3ds
by jin on 2012-07-30

前回、勝率良いとか書いてましたが、ランキングに入った途端、ボロ負けしてます。早々に化けの皮がはがれました(苦笑)。

しかし、みなさん、ちゃんとコンセプトのあるブックを使っていて、すごいです…。

対してこっちは、まだほとんど「使えそうなカード」を集めただけのポリシーの無いブック。
やはりコンセプトのあるブックは強い。
序盤は私が優勢でも、後半にはコンボパワーで高レベル領地を奪われたり、高額通行料を奪われたりして、結局逆転されてしまいます。

先日も、ウィークネスとルナストーンのコンボ※1で高レベル領地を奪われたり、安心しきっていたボジャノーイの高レベル領地を、サルファバルーンにあっさり落とされたり※2しました…。

でも、そういう見事なプレイングを見られると、負けてもまた楽しいですね。
自分がヤラレても、思わず拍手チャットを送っちゃいます。

もっとも、あまり弱いと相手も張り合いないでしょうから、こちらももう少しカードを集めてブックを強化していかないと。

私はプレイスタイルとして、徐々にカードが集まっていく中を創意工夫でブックを作る過程が好きなんです。
なので、今まであまりしいてカード集めに走ったりはしてませんでした。
それでも、「ソルティスの落とし物」や「マーケット」はまめに使ってますけどね。

※1 ウィークネスは、対象クリーチャーのSTを0にするスペル。ルナストーンは、対戦相手のSTとHPを入れ替えるスペル。ST0になった後、STとHPを入れ替えられると、HP0となって破壊されてしまう。

※2 ボジャノーイはST40/HP40で先制を持ち、防御側の場合80%で相手を即死させる強力クリーチャー。サルファバルーンは破壊された時、相手のHP-40するクリーチャー。ボジャノーイがサルファバルーンを倒してしまい、返り討ちにあってしまった。

カード収集

旧作では、新しいカードを得る方法は限定されていました。
ゲームをプレイして報酬カードをもらうか、トレードで友人からもらう(持っていないカード1枚のみ)、というところでしたね。

「徐々にカードが集まるのを楽しむ」プレイヤーにとっては、それでも良いと思いますが、すぐに思い通りのブックを作りたい方には、手段が少な過ぎに感じられたかもしれません。

という反省も踏まえ、今作では、さまざまなカード取得方法を追加しました。
(あ、前作も今作も、裏ワザ的な方法はありますが…それは置いておいて)

ひとつには、上でも書いた「ソルティスの落とし物」。
インターネットに接続できる方は、1日に1枚、特定のカードをゲットできます。
1週間のスケジュールが「カルドセプト スペシャルサイト」で見られますので、欲しいカードの日だけを狙ってゲット、なんていうのもアリですね。

もうひうとつ、新しくはないが大きく変わった要素として「トレード制限の撤廃」があります。

今までカルドセプトでは、トレードでもらえるのは「まだ所持していないカード1種1枚」の制限がありました。
それを、今回からは、何枚でももらえるように変わりました。欲しいカードをたくさん持っている友人がいれば、その人からもらって4枚コンプすることも可能です。

トレーディングカードゲームとしての面目躍如! これ、地味ながら、カルドセプトとしてはかなり画期的なことなんですよ。
これも、カード収集を楽にしてくれる変化だと思います。

マーケット

そしてもうひとつ大きな新要素が、「マーケット」です。

マーケットは、ストーリーモード「ダムウッド」のマップをクリアすると、大陸メニューとメインメニューに出現します。

マーケットでは新キャラのトレーダー(行商人)のアメリアが、プレイヤーとカードトレードをしてくれます。
要は、ソフト上で擬似的なカードトレードを行えるシステム、ということですね。

スクリーンショット

今まで、身近にカルドセプトを遊ぶ友人がいない方は、トレードというものを体験できなかったわけですが…
今作からは、アメリアを相手にトレードを体験できるようになったのです。
(トレーディングカードゲームとしての面目躍如・その2!)

ただし、このアメリアさん、トレード相手としては、ちょっとガメツイというか、ちゃっかりしています。
こちらの出すカードは3枚、アメリアの出すカードは2枚。こちらの方が1枚損で、トレードする度にカードは減ってしまいます。 しかも、アメリアの出すカードは裏向きで、事前には何を出しているかわからないという…。

物語設定としては、アメリアさんはこのトレードで商売をしているので、確かにこの位しないと儲からないだろうとは思いますけどね。
でも、実際のトレードでこんなことをされたら、怒っちゃいますね。

それでも、プレイヤー側としては、明らかに弱いカード、あまり使う当ての無いカード、5枚以上持っているカードなどを出して、新たなカードを得られるのですから、悪くはない話だと思います。
(要らないカードを引いたら、またトレードに出せば良いですし)

当たり外れがある感覚も、くじ引きのようで面白いんじゃないかと思います。

欲しいカードを手に入れろ!

もらえるカードはランダム、と書きましたが、実際には多少、狙いを絞ることは可能です。

ひとつは、こちらの出すカードのレア度に応じて、もらえるカードのレア度が変化すること。

こちらが高いレア度のカードばかりを出せば、相手もそれに応じたレア度のカードを出す確率が高くなります。
もし、欲しいカードのレア度が高めのものだったら、髙めのカードを多く出せばその確率は上がります。
例えば、レア度S(ストレンジ)のカードを3枚出せば、かなりの確率でR(レア)がもらえるようになります。
アメリアさんも、そういう点では誠実なところもあるんですよ。

それから、特殊な取引「セール」「フェア」の存在。

セールは、数回対戦を行うごとに発生します。
セール期間中は、アメリアの出すカードの内容が、特定のカテゴリのカードのみになります。

例えば、「火属性クリーチャー」「先制能力を持つカード」「防御系道具アイテム」「土地レベル変化・地形変化系カード」などなど…。

どのセールが開催されるかはランダムですが、もし、欲しいカードのカテゴリと思われるセールが開催されたら、ここぞとばかりに注ぎ込むと、入手できる可能性が高まりますね。

フェアは、セプターポイントが上がって、称号が昇級/昇格した際に、開催されます。
フェアでは、こちらがどんなレア度のカードを出しても、必ずレア度S(昇級時)やR(昇格時)のカードがもらえるようになります。

フェアは1回行うと終了しますが、レア度確定なので、良いカードをもらえる絶好のチャンスです。
こちらはレア度の低いN(ノーマル)を3枚出して、効率を高めたいところです。

トレード自体はいつでもできますが、通常トレードの時は控えめに、上記の「セール」「フェア」を狙って、カードを貯めておくのも良い作戦かもしれません。

カルドセプトに「マーケット」機能が加わったことで、カード収集やトレードの楽しみ方が、より増したのではないかと思います。

もっとも、今回のマーケット絡みで、旧作からのセプターの方々が一番ビックリしただろうと思う変化は…ダムウッドで襲われていた商人が、
むくつけきオヤジさんから、美人のおねーさんに変わったこと
なんじゃないかと思いますけどね(笑)。

(2012.7.30  神宮)

| 目次 |