Home » デザイナーズノート » カルドセプト (3DS) » 「ダウンロードプレイ」と「協力戦」
| 目次 |

「ダウンロードプレイ」と「協力戦」

Tags: note culd.3ds
by jin on 2012-07-23

インターネットだれでも対戦、盛り上がってますね!

私も時々こっそり、参加しています。
主にノーマルフロアへの参加ですが、意外にも、今のところ勝率良いです(笑)。
手を抜く気は無いので、もらえる通行料はがっぽりいただきますし、奪える領地は容赦なく奪いますよ。
(開発者として、もっと接待プレイすべきだったのでは、と後悔することもありますが…)
まあ、ラッキーはそう続かないとは思いますけどね。そろそろボロが出るころかな…。
ノーマルやスペシャルフロアは、勝ち負けにこだわらず楽しみましょう。
ランキングでは、本気で勝負!(あまり熱くなり過ぎない程度に…)

協力してプレイ

さて、本題です。

同盟戦の話題でも少し触れましたが、同じマルチプレイでも、プレイヤー同士が戦う対戦より、協力するプレイの方が遊びやすいと感じる方々もいると思います。

そこで、今作では、協力プレイを特別にフィーチャーしたモードを導入しました。
それが「ダウンロードプレイ」と「協力戦」です。

「ダウンロードプレイ」

協力プレイを遊ぶには、まず、一緒に遊んでくれる友人が欲しいですね。

身近に3DSを持っている友人はきっといますよね?
何? でも、カルドセプトは持っていないって?
では、この機会にカルドセプトを紹介して、一緒に遊んでもらいましょう!(笑)

カルドセプトを紹介する上で、助けになると思うのが「ダウンロードプレイ」です。
ダウンロードプレイも、協力プレイの一種です。
このモードなら、相手がソフトを持っていなくても、一緒に協力プレイを楽しめます。
(ダウンロードプレイは、ストーリーをある程度進めると、メインメニューの「ローカル通信対戦」内に出現します)

ダウンロードプレイでは、ソフトを持っている方がホスト、ダウンロードして遊ぶ友人がゲストとなり、二人が協力してライバーンやザゴルといったAIキャラと戦います。
ブックを作成する必要はありません。ホスト、ゲスト共に、対戦ごとに決められたブックを使えます。

ダウンロードプレイでは、それほど敵は強くないので、二人で楽しく勝ち進めるでしょう。もちろん、ホストさんの適切なサポートは必要ですけどね。
(間違っても、ゲストさんがミスプレイしても怒ったりしないように(笑)。ちなみに、ダウンロードプレイでは、最終的には、ホストとゲストが対戦できるようになりますよ。これもまた一興!)

ちなみに、こんな感じで、初心者の方とダウンロードプレイを楽しみたい方には、素敵なプレゼントがあります。

「新セプター応援カードセット」プレゼントキャンペーン!

お友達と二人で応募すれば、その双方に、カルドセプトに登場するカードをモチーフとした、1セット54枚の「本物の」カードセットをプレゼント!
カードには、美しいイラストはもちろん、はじめて遊ばれる方にも便利なアドバイスやデータなども盛り込まれています。(詳しくは、公式ホームページへ)

キャンペーン期間は9/28まで。まだまだ間に合います。ぜひご応募ください!

「協力戦」

こんな感じで、ダウンロードプレイを楽しんだゲストさんがソフトをゲットしてくれたり、以前からカルドセプトをプレイしている友人がいたりすれば、次こそ真の「協力戦」モードをプレイできるようになります。
(こちらも、ストーリーを進めると、メインメニューの「ローカル通信対戦」内に出現します)

「協力戦」も、やはり友人と二人でAIキャラと戦っていきます。
ですが、こちらは、プレイヤーそれぞれが自分の作成したブックを使えます。

熟練プレイヤー同士が自分のブックを使って協力したら、どんな敵AIキャラも太刀打ちできないんじゃないかって?
いやいや、「協力戦」は、そんなに甘くはないですよ。

「協力戦」では、敵が「ハンデ」を付けて挑んでくるのです。
ハンデの恐ろしさ(ズルさ?)は、前回の記事でお分かりですよね。

スクリーンショット

「協力戦」は決してイーブンの戦いでは無いのです。 強力な敵に、二人で協力して挑戦していく…これが「協力戦」の醍醐味なんです。

ステージをクリアしていくと、新たなステージが現れます。
そして、敵はより強力な組み合わせとなり、より強力なハンデを持つようになります。

数ステージ進むと、なかなか勝てなくなるかもしれません。
そこは二人のブックを強化したり、戦略を打ち合わせたりして、対抗してください。
何度も負けながら対策を考え、試行錯誤を繰り返し、ついには敵を粉砕する…この過程を楽しんで欲しいのです。

え? そんなに難しくなかった?
AIが苦手とするケルピーやオールドウィロウで、こてんぱんにやっつけた…ですと?

では、もう少しステージを進めてみてください。
「協力戦」には、「レベルステージ」よりもさらに難度の高い仕掛けが施されています。

中盤以降、「禁止カード」の設定されたステージが現れるのです!

そのステージでは、プレイヤーは、禁止カードに設定されたカードを使えません。
オールドウィロウやケルピーが禁止されたり、その他にも登場AIキャラの苦手なカードが禁止されたりしています。
「ズルいぞ~!」という声も聞こえて来そうですね…。

でも、それを楽しんでいただきたい、というのが主旨ですので。
RPG的なゲームでも、敵ボスは自分たちの10倍も100倍もHPが多かったりするじゃないですか。
それくらいの手ごたえを演出したかったのです。
その代わり、この卑怯な敵たちを二人で倒した時の爽快感は、格別ですよ!

ぜひ、お友達と「協力戦」を楽しんでいただきたいです。

(2012.7.23  神宮)

| 目次 |