Home » デザイナーズノート » レビューを斬る » レビューを斬る RELOADED

レビューを斬る RELOADED

by jin on 2002-10-03

”カルドセプト セカンド エキスパンション” プレイステーション2

いやあ、こんな行事(?)があったことをすっかり忘れてました。
なぜかマスターアップ後も忙しかったりして、気が付いたら発売日過ぎ。今回はファミ通さんのレビュー掲載が遅れたこともあり(移植モノということで後回しになった?その号のレビュー多かったからなあ…)、今になって慌てて書きました。ということで、とりあえず結果はこうだっ!!

カルドセプト セカンド エキスパンション レビュー結果
週刊ファミ通 10/11号 9/9/8/9 各10点満点/プラチナ殿堂!)
ファミ通ps2 9/27号 8/8/8/6 (各10点満点)
ザ・プレイステーション2 10/4号 9/7/8 (各10点満点/"good!")
電撃playstation 10/11号 80/80/90/90 (各100点満点)
hyperプレイステーション2 11月号 9/10 (各10点満点)

週刊ファミ通 10/11号 [ 9 9 8 9 ](プラチナ殿堂!)

前回、前々回と、「プラチナ殿堂」という栄誉ある賞をいただけまして、逆に今回はそれがすごくプレッシャーになってたんですが…。いただけましたよ、またもやプラチナを!どうですか?これで大宮はプラチナ×3ですよ!コメントは各レビュアーさんともホメまくってくれてまして、恥ずかしいくらいです。でもまあ、さすがに点はdcより多少カラいかな。やはりマイナス焦点はネット対戦ですか。実はこの点数、ps版の時と同じなんですね。ネット無いから同じ点…ある意味納得?ま、とにかく、極上の評価だったことには違いないです。感謝です。欲を言えば、因縁浅からぬ(?)あらじさんにもレビュアーになって欲しかったな(笑)。

ファミ通ps2 9/27号  [ 8 8 8 6 ]

こちらは、ちょっと厳しい評価かな。って、この点数で厳しいなんて、贅沢ですね。いやいや、みなさんいい評価をして下さってます。6点の方の減点要素はやはりネット対戦ですねえ。これはもう仕方ありません。でも、この方も「老舗ならではのバランスの良さ、丁寧な作りはさすがです」と言ってくれてます。老舗か…いい言葉だ。大宮も(カルドも?)老舗といわれるようになったか(笑)。また、初めてプレイしたレビュアーの方が「すぐにルールを覚えられた」と言って良い点を下さっているのが、たいへんうれしいですね。

ザ・プレイステーション2 10/4号 [ 9 7 8 ]

「good!」は、平均8点以上のソフトがもらえる称号です。コメントもなかなかいい感じですが、9点の方が「dc版を持っている方(自分含む)は無理してまでは買う必要ないかも」なんて言っているのがちょっと…。ps2誌なのに(笑)。でも、とか言いながらも凄くオススメもしてくれてます。長年のカルドファンという感じですね。7点の方もベテランで、ss版の時からの御付き合いの方。やはりネット対戦か…。ベテラン勢にはやはりネット無しは効いてますね…。それでも「グラフィック、音楽、なによりゲーム性は近年マレに見るデキ」と言ってくれてます…誉めすぎ!もう一人は初体験の方のようですが、「なぜ周りがハマっているのだろうと不思議に思っていたけれど、これは確かにおもしろい。」と、かなりリアリティのある、うれしい感想を言ってくれてます。

電撃playstation 10/11号 [ 80 80 90 90 ]

これまた、すごくいい点数下さってます。電撃さんのレビューはコメントが詳細ですね。みなさんいい点数ですが、各人少しずつ不満点も書いています。「戦闘時に、ちと読み込み時間がかかる」。そうですか?これだけ見ると「now loading」とか出そうに思えますが、そんなことはありませんので、未見の方は心配しないで下さい。「勝敗に運の要素が入る」。確かに今回はdc版よりも運の要素は多少強くなっているかも。でも、格闘ゲームや将棋などと違い、運の要素があるからこその良さがカードやボードゲームにはありますよね。あとはやはり通信対戦のことですね。でも、通信対戦に言及している2人の方が90点下さっているので、ゲームそのものは評価してもらえているのだと思います。そういえば、電撃といえば編集大会優勝でしたね。この点の良さは、編集部内にカルド好きが多いからかも…。

HYPERプレイステーション2 11月号 [ 9 10 ]

レビュアーは2人とレビュー中最も少ないのですが、平均点は最も高く、満点の10点もいただいています!悪い点なども全く書かれておらず(ネットの事さえ…)、もう、前面肯定な感じです。また、両名とも特に新要素のメダルについて評価してくれていて「ひとりでも楽しい」「ソロプレイが楽しくなることうけあい」など、セカンドEXのテーマの1つでありながら、あまり他紙で強調されていなかった部分を取り上げてくださっています。


さすがトップハードps2、レビューのあるゲーム誌の数も前回より多いです。まあ、それにしても…皆さん今回も良い評価をして下さって、本当に感謝してます。正直、今回はdc版からのマイナス要素もあったので、多少心配はしてました。でも、ゲーム内容に関しては決して劣っていない(少なくとも、ps版の評価以上になって良いはずだ!!)とも思っていましたので、今回の良い評価も、レビュアーの方々がその辺りを了解してくれていたからなのだと思います。
さて、あとはなるべく多くの方にプレイしてもらって、これら評価通りの良い印象を持ってもらえるかどうかです。これこそが真の評価になるわけですからね。

(ゲームデザイン・神宮)