Home » デザイナーズノート » レビューを斬る » レビューを斬る! FOREVER

レビューを斬る! FOREVER

Tags: note culd culd.2
by jin on 2001-07-10

”カルドセプト セカンド” ドリームキャスト

今回のタイトル、予想付いたでしょう?ベタですまん!
さて、恒例になってしまった「レビューを斬る」です。そもそも、セガサターン版の点数が「意外に」良かったのに気を良くして、 始めてしまったこのコーナー、またこの時期が迫ってきて「前回より点が悪かったらどうしよう」などとビクビクしていたのです。 大宮的には毎回クオリティーが上がっているという自信はあるのですが、客観的に見てどうかは分かりませんし、特に今回は大幅な 変更があったので、それがどう評価されるかは全く予想が付きませんでした。さて結果は…


カルドセプト セカンド レビュー結果
(得点は各誌とも10点満点)
週刊ファミ通 2001/7/20号 9/10/9/9
(プラチナ殿堂)
ファミ通DC 2001.8月号 10/10/9
ドリマガ 2001.7/13号 8/9/9

週刊ファミ通

前回「プラチナ殿堂」をいただけたファミ通さん。
私的には「前回に劣る所無し」と思ってはいたものの、レビュアーの方によってはウマが合わない可能性もあり、点数は未知数だったのですが…いただきました!今回もプラチナ殿堂です!大宮ソフトはこれでプラチナ殿堂を2回(パート2だからズルいですかね…)もらったメーカーに!!
しかも今回は10点もいただきました。レビュアーの方々としても10点を付けるって、なかなか勇気いると思いますよ。「オレの記者生命を賭けて、このゲームには欠けたる所無しッ!」と言うようなもの…いや、そんなに大げさではないとは思いますが、少なくともその方が今までいろいろプレイしてきたゲームの中で最上位級だと判断してくれたわけですから…。

ファミ通DC

わあ!こちらは、その10点が2つもっ!!平均点約9.7点!今までで最高得点です。
もう、これ以上は望むべきではないでしょう。AIキャラ編集が難しいという評価もありますが、確かに最強キャラを作ろうと思うと難しいです。私にも定石は分かりません…そこら辺はユーザーの皆さんに研究してもらおうかな、と(他人任せ)。
でも、テキトーでもけっこうちゃんと動きますよ。今回ファミ通DCさんでは、その他にもカルド情報てんこ盛り!特集記事やインタビュー、漫画まで載ってます。カルドファンならGET必須だ!私なんか記念に実家に送っちゃいました(苦笑)。
…それにしても、ファミ通DCって、今回で休刊なんですよね…。DCって今PSO2とか、ソニック2とか、マジックとか、色々良いソフトが出て盛り上がってるのに…残念です。でも7/26には増刊が出るそうです。

ドリマガ

上記2誌さんに比べれば少し低いですが、冷静に考えてみれば十分な点数ですよね。前作で一番良かった点と同じくらいの評価なんですから。「メインキャラの絵柄に好みが分かれるかも」…スミマセン、私の仕業です。いろいろ言い訳もあるんですが、まあ、慣れない事(3D→2D落としとか)はやるもんじゃないってことですかね。精進します。でも、アニメは細かくしましたし、何よりクリーチャーと区別付きやすくなったとは思うのですが…。ところで、このレビューのうち2人は女性なんですね(REIさん毎度どうもです!)。初心者らしい方もいますが8点くれました。女性で初心者でも大丈夫ってことですよ!


…とまあ、こんな感じでした。いやいや、もう、今回は点もコメントも良すぎて「斬る」所が無いですよ。みなさん、どうもありがとうございました。今後も宜しくお願いします~。
ちょっとさびしいのは、レビューを載せてくれたゲーム誌が3つに減ってしまっていることです。DCだからってこともあるでしょうが、ゲーム誌自体が減ってきている=ゲーム人口が減ってきているのでは…?
もっとも、大宮ソフトって、もともと「ゲーム好き」の人たちのために作っているようなものなので、ゲーム人口が減ってもあまり関係無いかもしれません。それに、ゲームプレイヤーの総人口が減っても、ゲーム好きは残るでしょうから、売れる本数はさほど減らないかも。

2001.7.10 (ゲームデザイン・神宮)