Home » デザイナーズノート » カルドセプト リボルト » キャラクターデザイン
| 目次 |

キャラクターデザイン

by jin on 2016-07-20

ランキング戦

先週7/15日から、「リボルト」のランキング戦が始まりました。
皆さん、楽しんでいただけているでしょうか?

私も例のごとく、こっそり参加しました。
さすがランキング、レベルが高い! 正直なところ全然勝てませんでした。でも、それぞれの試合で見せ場は作れたと思うので、個人的には楽しめました。
終盤まで1位を走っていたのに、敵の2500Gの領地を踏んで大逆転され、ビリに終わったなんてことも……いや、その時にはむしろ清々しい気持ちになりましたよ(笑)。

展開にもよると思いますが、対戦時間はやはりシリーズ過去作より平均的に短いですね。それでも高額領地が林立して通行料のやりとりも多く、密度の濃い戦いになっていると思いました。あと、出会った範囲では、ブックの属性も様々で、あまり偏っている感じはありませんでしたね。今のところ、イイ感じかな。

まあ、属性のバランスも、カードの真の評価も、これからが本番ですね。
とにかく、セプターの皆さんが長く楽しめるものになっていれば良いなあ……と思ってます。

西村キヌさんのイラスト!

(追記:以下、登場人物に関するネタバレが少し含まれています)

少し前になりますが、キャラクターデザインを担当された西村キヌさんが、ツイッターにこんな画像を上げてくださいました。

リボルトキャラクターイラスト

超~いいです!! キャラ一人一人の表情が生き生きしていて、たまらないです。見ていて、ついついニヤけてしまいました……。
あまりに良かったので、西村さんにお願いしちゃいまして……このデザイナーズノートでも使わせていただけることになりました。

西村キヌさんといえば、「ストリートファイターII」シリーズのキャラクターイラストをはじめ、数々のゲーム、アニメーション作品にも関わっている、人気イラストレーターです。まあ、皆さんご存知ですよね。

今作「カルドセプト リボルト」のキャラクターデザイナー選定の際、候補の中に西村さんの名前を見つけて、個人的にイチオシさせてもらいました。
もっとも、お忙しそうな方ですし、その時には無理だと思ってたんですけどね……。

ところが、なんと、これが実現してしまいました!
狂喜乱舞、夢のようでしたよ。

それは単に西村さんがビッグネームだから、という理由だけではありません。実は……私は以前から西村さんのファンだったのです……!

西村さん作品との「出会い」

ちょっと、私的な話になってしまいますが……。
きっかけは、やはり「ストII(ストリートファイターII)」でしたね。例にもれず、私も大好きでした(下手だけど)。
「ストII」のイラストって、色々な方々が描かれてるんですよね。(「ソードプリンセス」のイラストを描かれた、あきまんさんもそのひとりですね)

どのイラストも好きだったのですが、その中で、ちょっと線の感じが違う、特に私好みなキャラを描く方がいるのに気づきました。で、調べてみたところ、それが西村キヌさんだと知ったのでした。

さらに、その西村さんが「ザ・キング オブ ドラゴンズ」というゲームに関わっていたと知り、一気にファンになってしまいました。

「ザ・キング オブ ドラゴンズ」は、ファンタジー好きの私にとって、神ゲームと言っていいほど好きなゲームだったのです(このゲームの話なら一晩語りたいくらいです)。
イラストとしては、スーパーファミコン版のカセットや取説のものが特に好きだったのですが、これも西村さんの手掛けたものでした。

それからというもの、西村さんのお仕事を気にするようになりました。
かつて西村さんが、カルドセプトに似た感じのボードゲームのキャラデザインを手掛けたことがありましたが、その時はちょっと悔しかったです(笑)。

キャラクターデザイン作業

西村さんがお忙しいこともあり、デザインは人間系メインキャラクターに絞ってのお願いになりました。

デザインがだいたい決まっているゼネスは、当初リストから外されていたのですが、西村さんの方でぜひ描きたいと言っていただいたため、今作の新しいゼネスが生まれました。カッコイイですよねー! あんなにカッコよくて強そうなのに、実際イマイチ強くないのは、私のデータ設定の問題です……。(ゼネスは、キャラ設定重視のAIとブックなので、バランスが難しいんですよ)

キャラ設定資料として、シナリオの坂本さんの設定文書をもとに、私の方でラフスケッチにしたキャライメージ素案が存在していました。
しかし、それを見てもらうかどうかは迷いました……。確かに、絵を見てもらった方が意図は伝わりやすいと思いつつも、私のヘナチョコ絵に、デザインが引きずられてしまったらマズいな、と。

西村さんに伺ったところ、イメージ資料も欲しいということで、恥ずかしながらお見せすることになりました。その際「わかりやすい資料ですね」と言ってもらえたのは嬉しかったです。実際、設定意図も滞りなく伝わり、西村さんのオリジナリティも発揮してもらえて、ベストな結果になったと思います。

西村さんのデザイン作業は、ラフスケッチ、立ちポーズ画、顔グラフィックと進められました。このあたりの過程は、発売中の「カルドセプト リボルト 完全攻略本」に収録されています。ラフスケッチから立ちポーズ画の間に変遷もあったりして、面白いですよ。

制作中も、西村さんと色々やりとりさせてもらいました。
キャラクターのデザインが上がってくるたびに、テンションが上がりましたね~。進捗が楽しみな日々でした。
ただ、当時、西村さんが某大作アニメーションに関わっていたため超多忙となり、大変だったこともありました。たまに催促の電話やメールをしなければいけないこともあり、それは辛かったです……。ファンなのに、西村さんを急かすようなことを言わないといけないなんて……。

と、いろいろありましたが、最終的にはこのような素晴らしいキャラクターが完成しました。西村さん、本当にありがとうございました!

今作のキャラクターデザイン、セプターの皆さんには気に入っていただけたでしょうか? 
「Miiverse(ミーバース)」などに、似顔絵イラストをいっぱい投稿してもらえたりすると、嬉しいです。

(2016.7.22 神宮)

| 目次 |