Home » デザイナーズノート » カルドセプト (3DS) » カルドセプト はじめての方々へ
目次 |

カルドセプト はじめての方々へ

Tags: note culd.3ds
by jin on 2012-05-28

この「デザイナーズノート」は、カルドセプトというゲームをデザイナー側の視点から語るという、ちょっとマニアックなコーナーです。

…ですが、今回はじめてカルドセプトを知ったような方もいると思いますので、最初はマニアックな話題はちょっと控えて…

初心に帰り、カルドセプトというゲーム自体の紹介から始めてみます。
今まで、あまりこういうアプローチってしてませんでしたね。反省の意味も込めつつ…。

カルドセプトとは…?

カルドセプトは、1人~最大4人で遊べるボードゲームです。
ダイスを振って出た目の数だけ進んで行く、おなじみのスゴロクや「モノポリー」のような感覚で遊べます。

スクリーンショット

昨今、ボードゲームは静かなブームになっている…というウワサもありますので、そこで興味を持たれる方もいるんじゃないですかね。

カルドセプトは、そのボードゲーム要素に、これまた人気のあるトレーディング・カードゲームの要素を取り入れています。

カードを使ってダイスの目を操作したり、クリーチャー(モンスター)同士を戦わせ相手の領地を奪ったり…と、運だけに左右されない、戦略的ゲーム性が加わっています。

スクリーンショット

「ダイスを振って運試し」のボードゲーム要素に「運に抗う戦略的カードゲーム」要素の融合。

これがカルドセプトです。

カルドセプトの歴史

「カルドセプト」という名前も、初めてお聞きになったかもしれませんが…その歴史はなかなか深いのですよ。

最初のセガサターン版から、セカンド、サーガなどシリーズを重ね、前作のDS版に至るまで、10年以上ものあいだ、カルドセプトは一定の人気を保持し続けてきました。

そしてその間、「ファミ通」レビューにおいて、何度ものプラチナ、ゴールド殿堂入りを果たしています。

その最新作が、今回のニンテンドー3DS版「カルドセプト」なのです。

「シリーズ続編? じゃあ以前の作品をプレイしてないと、楽しめないんじゃない?」

なんて思う方もいるかもしれませんが、その心配はありません。

ストーリーは独立しているので、前作を知らなくても問題なく楽しめます。

充実のサポート機能

加えて今作は、初心者に向けたサポート機能が、とても充実しています。

例えば…
・「ルールを一手一手教えてくれる」
・「ルールが分からなくても、アドバイスどおりにプレイしたら勝てちゃう」
・「カードの使い方を簡単に教えてくれる」

スクリーンショット

などなど、初心者に手厚い機能が多数導入されました。
初めての方にも、安心してプレイしてもらえるものと思います。
(そもそもカルドセプトは、プレイしてみればそれほど難しいゲームではありませんよ!)

遊び方も色々

ひとりで楽しむストーリーモード。
ひと癖ふた癖あるキャラクターを相手に、物語を進めていきます。
マップの種類も豊富なので、ひとりプレイだけでも、かなり長く遊んでいただけると思います。

スクリーンショット

そして、複数人で遊ぶ各種対戦モード。
お友達と協力したり、対戦したり。やっぱりマルチプレイは楽しいですね。
近くに相手がいなくても、インターネット対戦で日本全国のプレイヤーと戦えます。 ランキングは熱いですよ!

カルドセプトの世界を彩るビジュアルとサウンド

カルドセプトの魅力は、ゲームシステムだけではありません。

まずは、深く描き込まれた、400枚超の美麗カードイラスト。

今回、総勢10名以上のイラストレーターの方々が、カードイラストに参加されています。
その中には、加藤直之さん、開田裕治さん、寺田克也さんなどの超有名な方々も。

スクリーンショット

そして、世界観を演出する音楽。

作曲は、伊藤賢治さん。
言わずと知れた、「ロマンシング・サガ」シリーズなど数多くの有名タイトルを手掛けている人気アーティストですね。

どうですか?
カルドセプトに興味がわきました?

今作では、ソフトを持っていなくても、身近にカルドセプトを既に持っている方がいたら、一緒にダウンロードプレイで遊べます。

一度プレイしてみれば、きっと、カルドセプトの世界にハマっていただけると思いますよ!

(2012.5.28 神宮)

目次 |